豊中千里ロータリークラブ会長挨拶

豊中千里ロータリークラブ35周年記念事業
youtube
2021-2022年度 豊中千里ロータリークラブ会長 会長 小西 康仁

2021-2022年度 豊中千里ロータリークラブ会長 会長 小西 康仁

2021-2022クラブ 運営基本方針

RIテーマ
SERVE TO CHANGE LIVES  奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために

シュカール・メータRI会長はそのテーマを達成するために目標を2つ掲げました。
・会員数を増やしてロータリーの参加者基盤を広げる
・世界に奉仕してより大きなインパクトをもたらす

また吉川2660地区カバナーより地区ビジョンとして
ロータリーの原点である親睦と職業奉仕を根幹とし、世界及び地域社会で良い変化を生み出すとともに、世界の未来を担う青少年の活動を支援し、若きリーダーの育成に努める。
とされました。

これらのテーマを受けて当クラブとしては今年度3つの大きな柱を設けます。
1. 会員増強 2. 社会奉仕 3. 親睦
 1. 会員増強に関しましては40名への具体的目標数字を目指す
 2. 社会奉仕については次世代を担う子供たちへの支援として、地区補助金を活用する
 3. 親睦についてはコロナ禍でことごとく活動自粛されてきたので、ワクチン接種も進む時期を見計らって親睦と職業奉仕を兼ねた旅行を企画する

田中前会長・澤村直前会長におかれましてはコロナに翻弄されながらも、極めて難しいクラブ運営に直面され悩み戦ってこられました。ロータリアンとしての存在価値や例会の意義が問われるような危機でした。また、それぞれの会員の皆様もご家庭で職場で鬱々とした日々を過ごされてきたと思いますが、いよいよ高齢者へのワクチン接種も始まりWithコロナからAfterコロナを見据える時期になってまいりました。引き続き3感染ルート遮断(接触・飛沫・エアロゾル)には細心の注意を払いつつ、クラブ運営に努めなければなりませんが、当クラブの誇るべき明るく元気で自由闊達な風土を継承守りながら、今年度1年間片瀬幹事とともに頑張りますのでご指導ご支援よろしくお願い申し上げます。      会長 小西康仁

2021-2022年度会長 RI会長:ホルガー・クナーク

2021-2022年度会長

Calcutta-Mahanagarロータリークラブ所属
インド(西ベンガル州)

会計士であり、自身が設立した不動産開発会社「Skyline Group」の会長。カナダを本拠とする「Operation Eyesight Universal (India)」のディレクター。

災害救援に熱心に携わり、シェルターボックス(英国)の管理委員も務める。2004年のインド洋大津波の際には、被災した家族のために500戸近い家屋の建築を支援。

南アジアで1,500件以上の心臓外科手術を提供したプログラムを立ち上げる。インド全土での識字率向上をはかる「TEACHプログラム」の創設にもかかわり、このプログラムを通じて何千もの学校に支援を提供。

1984年にロータリークラブ入会。RI理事、各種委員会の委員と委員長、ゾーンコーディネーター、研修リーダー、ロータリー財団専門家グループメンバー、地区ガバナーを歴任。ロータリー財団(インド)の理事長も務める。

超我の奉仕賞、ロータリー財団功労表彰状と特別功労賞を受賞。

ラシ夫人と共にメジャードナー、遺贈友の会会員としてロータリー財団を支援。