2021年3月24日

ロータリーの役割

3月13日(土)のPETSにおいて、吉川ガバナーエレクトからご案内がありました。
「ロータリー認知浸透度調査報告書」によると、2660地区に於ける、住民調査でロータリークラブについて、良く知ってるという人が約10%、聞いたことが有る人が約60%だそうで、年齢的に高くなるに連れ認知度も上がるようで一般的なイメージは、裕福な年寄りの集まりだそうで、若い人達は殆ど知らないし興味も無いのが現実であります。
今後認知度を上げて、我々の活動を知ってもらい、世界的に減少傾向にあるメンバー確保にも繋げて行く為には、このような若い人達に働きかける必要があると思います。
現実の行動を通して、少しでも世の為人の為に為すことを、発信することを通じて認知度を高めて行く、そしてTVより YouTube、Instagram、FacebookなどのSNSを好む傾向にある、若年層の目に留まるような発信を考えて実行して行きたいと考えています。

そして今、YouTubeで豊中千里ロータリーで検索すると2件ヒットします。
皆様も是非試して下さい、懐かしい顔や知らなかった出来事に出会えるかも知れません。