2020年11月25日

休会について

誠に残念ながら、本日の例会を持って本年2020年最後の例会となりました。
来年も1月2月の例会と行事の全てを中止と致します。
勿論、コロナ感染の状況次第では、再検討を行う事が前提であります。
所信表明でも言いました通り、警戒と想像を最大限発揮する時であります。
RIの総会でも議決されましたように、会員の健康はロータリーの全ての行事等に優先するべきであります。
我が豊中千里ロータリーは、このコロナ禍にも関わらず、90%以上の出席率を維持しながらも、会場との連携で細心の感染防止に配慮しながら例会を開催して参りました、ありがとうございます。
しかしながら今回の第三波とも言われる、感染拡大はこの大阪にも大きな影響を及ぼし、
ただでさえ寒さに震える冬に、医療機関の病床数の逼迫と医師、看護師を始めとする、医療従事者の皆様の人員不足に伴い、多大なる負担がかかっています。
このままでは、通常医療もまともに行えず、助かる命も救えない状況になるのではないかと心配する声も聞こえてきます。
更に経済の悪化に伴い、企業の倒産や休業が相次ぎ、収入激減、自殺者の増加、11月の1か月だけでコロナの死亡者数を超えてしまいました。
来年は更に経済悪化が予想されています。
皆様ここは少し身を屈め、嵐が過ぎ去る時を待ちましょう、明けない夜は有りません。
来年最初の例会は3月3日の予定でありますが、少しでも早く開催できるように祈念しております。
少し早いですが、良いお年を健康でお迎えください。