2020年8月26日

ポリオ

コロナ禍で暗い話しばかりの中
久しぶりに明るいニュースが飛び込んできました。

「アフリカ地域におけるポリオ根絶という快挙を多くの人に伝えましょう」

と言うRIからの嬉しいメールでありました。
正式に言うと

ポリオ(Acute poliomyelitis、急性灰白髄炎)とは、ポリオウイルスの中枢神経感染により生ずる四肢の急性弛緩性麻痺(acute flaccid paralysis:AFP) を典型的な症状とする疾患であり、かつては小児に多発したところから小児麻痺ともよばれていた。

と言う恐ろしい病いです。
その歴史をざっと振り返ると

1894年

米国史の記録に残る初のポリオ大流行(バーモント州)。18人が死亡、132人のまひ症状が報告される。

1916年

ニューヨーク市でポリオの大流行が発生し、2,000以上が死亡。米国全土でも約6,000人が命を落とし、さらに数千人がまひ障害に。

1929年

フィリップ・ドリンカーとハーバード大学のルイス A. ショーが、ポリオによるまひで呼吸不全となった患者のために「鉄の肺」と呼ばれる人口呼吸器を発明。

1955年

ジョナス・ソーク博士が開発したワクチンが「安全で効果的である」と宣言される。

1960年

アルバート・セービン博士が開発した経口ポリオワクチンが米国政府から認可される。

1985年

国際ロータリーが、民間による国際的な公共保健イニシアチブとしては史上初かつ最大規模となる「ポリオプラス」を開始。当初の募金目標は1億2000万ドル。

1988年

国際ロータリーと世界保健機関(WHO)が「世界ポリオ撲滅推進活動」(GPEI)を立ち上げる。当時の症例数は、125カ国で推定35万件以上。

1994年

International Commission for the Certification of Poliomyelitis Eradication(ポリオ撲滅認定のための世界委員会)が、南北アメリカ大陸からポリオが撲滅されたことを発表。

1995年

中国とインドで、保健従事者とボランティアによりわずか1週間で1億6500万人の子どもにワクチンが投与される。ポリオのない国のロータリー会員が世界のポリオ撲滅活動を支援するため、ロータリーが「ポリオプラス・パートナー」プログラムを立ち上げる。

2000年

5億5000万人(世界人口の10分の1近く)という記録的な数の子どもに経口ポリオワクチンが投与される。オーストラリアから中国にわたる西太平洋地域でのポリオ撲滅が宣言される。

2009年

ポリオ撲滅に対するロータリーからの寄付総額が約8億ドルに。1月、ビル&メリンダ・ゲイツ財団が、ロータリーからポリオ撲滅に2億ドルを寄付することを条件に、ロータリーに3億5500万ドルの補助金を提供することを発表。その結果、世界ポリオ撲滅推進活動に合計5億5500万ドルが寄付される。

2014年

インドで3年間、野生型ポリオウイルスによる新規症例が確認されなかったため、世界保健機関(WHO)が東南アジア地域のポリオ撲滅を認定。ポリオの症例は1988年以来、99%減少。

2020年

アフリカ地域のポリオ絶滅宣言

残るはあと2カ国となりましたが、新たに新型コロナウイルスが蔓延し、世界中をパニックに陥れています。
そう考えると、我々人間の歴史はウイルスとの戦いの歴史とも言えるのでは無いかと思います。
そして今でも各種ウイルスには特効薬が無い場合が殆どで、ポリオもインフルエンザもSARSやMARSやAIDSは勿論、ただの風邪でさえも未だに克服出来ていない
とも言えるでしょうし、また新たに新型のウイルスが次々と発生することでしょう。

気の遠くなるような話しですが、今日まで我々は沢山の困難を克服し、命を繋いで来ました。
先人達に感謝するとともに、我々が子々孫々迄、命を繋いでいく覚悟を持つ勇気が必要で有ると同時に、ケセラセラなる様になるさと
割り切る鷹揚さを同時に兼ね備える事が、最善の道のような気がしています。